tukatuku-inotiのブログ

花より男子の二次小説です。 cpはつかつく・総優・あき桜

もしも類とつくしが兄妹だったら…<つかつく> 4.

【花沢つくし 編  4.】


「父さん、これ、どういう意味?  何かの悪戯じゃないよね?
 まさか、父さんがその御曹司って事?」
「類、父さんの話しを冷静に聞いてくれ、全て話すから…。」


類には全てを話しした。  
類は静かに聞いていた。


「類、申し訳なかった。
 千賀子が私の前から姿を消した当初、私は自暴自棄になっていたんだ。
 罪もない類に八つ当たりし、内向的な幼少期を送らせてしまった。」
「もう、過ぎた事だよ、もう良いよ。」
「済まない、類、有難う。」


「で、これからどうするつもり? 
 牧野を認知するんでしょ?
 母さんにも話さないといけないよね?」


勿論、そのつもりだ。 
でも、認知出来るのだろうか?
不安は募る。


「父さんが母さんに話しするのなら、俺も一緒に傍に居るよ。」


「類はそれで良いのか?」 
「良いも悪いも、牧野は俺の妹、何でしょ?
 正真正銘、血の繋がった唯一人の妹、何でしょ?
 なら、良いじゃん‼」
「………」


「それに、司に記憶が無くても、つくしに記憶が無くても、二人は愛し合っていて、 
 司の記憶が無くなるまでの二人は恋人同士だったんだよ。
 二人の間に割って入る事は出来なかったよ。
 例え二人の記憶が戻らなくても、二人は愛し合う運命、何だよ。」
「そうだったのか。」
「それに、兄妹の方が一生、縁を切る事は出来ないしね。」


「………分かった、母さんに話ししよう。」
「うん。」



<文章の流れで、短めですが、切らざる負えなかったので、このままUPします。
 また、既に、ご承知の通り、"オリキャラ" 満載になっています。
 ご了承下さい。>



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。